Archive for the ‘脇の下脱毛’ Category

脇脱毛にかかる費用はどこで脱毛するかによって異なります。

自分で家庭用の脱毛マシーンを使てセルフ脱毛する場合は、基本的にはマシーンの料金だけになります。
ただ、マシーンの値段は比較的手頃な数千円のものから、高価なものは5~6万円ほどになり、効果も異なるので悩みどころです。

ではエステサロンではどうでしょうか?
サロンでの脇脱毛の料金プランはかなりお得な設定になっています。
どのサロンでも手軽に試してみることができる値段設定になっています。

わきは脱毛範囲が狭く、脱毛効果をはっきり感じやすいのが特徴です。
そのため、どのサロンでもわき脱毛で効果を実感してもらうことが、他のプランの最高の宣伝効果になるのです。

エステサロンは医療機関よりも安く済みます。
一般的には2000~4000円程の設定です。

ただ、サロンごとのキャンペーンや契約特典、期間限定の割引などをうまく利用すれば、さらにお得に施術を受けられる場合もあります。
なかには数百円程度に割り引かれていることもあるので見逃せませんね!!

最近見たのは「回数無制限で200円」という破格の値段設定です。
非常に魅力的で、思わす契約したくなります。

「値段よりも確実な効果」という方はクリニックや専門の医療機関を探しましょう。
もちろん医療機関ですから、初診料やお薬が必要な場合は投薬料などがかかります。
施術時に麻酔を使う場合はその費用も加算されます。

一般的な初診料は、3000円程度となっています。
脱毛料金は施術方法によって異なり、レーザー治療の場合は安くても5万円くらいかかります。

サロンに比べるとかなり高めですが、医療機関ということで安心感があります。
さらに、確実な脱毛効果をゲットできる点が評価できます。

以上の料金はどれも一般的な料金です。

脱毛の契約については、料金面でのトラブルも聞かれます。
カウンセリングなどを上手に利用し、トラブルを回避するように心がけましょう。
複雑な料金プランでも、しっかりと理解したうえで契約しなければなりません。

邪魔者であるムダ毛から完全にサヨナラするにはある程度の時間がかかります。
それは、体毛の毛周期と関係があります。

体毛には毛周期というサイクルがあり、目に見えるムダ毛を処理するだけでは、完全にサヨナラすることはできません。
ムダ毛はいずれツンツンしてきます。

ですから、毛周期に合わせて数カ月に一度の施術を何回も繰り返して行う必要があるのです。

注意したいことは、完全サヨナラまでに複数回の施術が必要だということだけではありません。
それは、エステやクリニックでの脱毛期間中は、セルフ脱毛を控えなければならないことです。

そう考えると、いつ始めるのが最も適しているか分かりますね。
例えば、薄着になる夏が来るからと言って春から始めたらどうでしょう?
大変なことになりませんか?

最初の施術修了後から数カ月たってやっと二回目の施術ができます。開きます。
その間に休止期にあったムダ毛がツンツンしてくるというのに、セルフ脱毛禁止なんですから大変なことになってしまいます!!

露出度も高くなるし、プールや海水浴などのレジャーも盛んになります。
その時期をムダ毛処理なしで過ごすことは、まず無理でしょう。

ですから、脱毛を始めるじきとしては秋がベストなんです。
特にわき脱毛の場合は、冬に向って長袖になり、アウターがなくてもわきを心配する必要はありません。
足の場合も同じで、スカートからパンツにしてしまえば何とかなります。

夏が近づくと脱毛が気になりますね。
でも一番のおススメは、何とかごまかしながら今年の夏を過ごし、秋になったら次の夏の準備をすることです。

焦る気持ちは分かりますが、脱毛は計画的に行うのが一番です。
失敗しないためにも、きちんとした計画を立ててから行いましょう。

脱毛の施術はいろいろな方法で行われています。
代表的な方法は

・家庭用脱毛機器を使う(セルフ脱毛)
・光脱毛
・レーザー脱毛

などです。

それぞれ、脱毛を行える場所や使用するマシーン、脱毛にかかる費用や脱毛効果が異なります。

・家庭用脱毛機器:
最近では手軽に家庭で脱毛できるマシーンがたくさん登場しています。
わざわざサロンやクリニックに通う必要がないので非常に便利で注目されています。

お肌への刺激が強いくせに一時的な効果しかゲットできないシェーバーやワックスといった方法よりははるかに高い効果を得られます。

ただ、数千円~数万円とマシーンによってお値段に開きがあり、脱毛効果にも個人差が見れらるので、当たりはずれがるのも事実です。

・光脱毛:
主にエステサロンで行われている脱毛方法が光脱毛です。
光脱毛もレーザーを使用するのですが、医療機関よりも出力が抑えられているのが特徴です。

・IPLレーザー脱毛
・フラッシュ脱毛
・プラズマ脱毛

などがエステサロンで行われている脱毛方法で、サロン独自の呼び方があります。

・IPLレーザー脱毛:
インテンス・パルス・ライトとよばれる特殊な光を使って脱毛します。
施術時の痛みの心配がないのが特徴です。

・フラッシュ脱毛:
フラッシュ光線と呼ばれる拡散光を利用するので、このように呼ばれています。
一瞬ピリッとする程度の痛みなので、ほとんどの人が我慢できるようです。

・プラズマ脱毛:
キセノンフラッシュ光線と呼ばれる光線を使って脱毛します。

エステサロンで行う光脱毛の効果は個人差があります。
毛周期に合わせて複数回行うことで、徐々に満足できる効果を実感できるようになる人もたくさんいます。

専門の医療機関やクリニックで行われるのがレーザー脱毛です。
光脱毛よりも出力の高いレーザーを使用できるので、高い脱効果を期待できます。

・レーザー脱毛:
クリニックなどの専門医療機関で、医師免許を持つお医者様によって行われる脱毛方法です。
出力が高いので、毛根まで焼き切る永久脱毛効果を得られます。
経済的にはかなりの負担が必要になります。

どの脱毛方法にもメリットとデメリットがあります。
個人の好き嫌いや求める脱毛効果も異なるでしょう。
セルフ以外の方法の場合は、カウンセリングなどを通して、事前にしっかり把握しておきましょう。

多くの女性がわき毛を邪魔者認定しているのは事実です。
実際わき毛をはじめとするムダ毛は邪魔者以外の何物でもありません。
そのため、多くの女性がわき毛脱毛に挑んでいるのです。

さて、ムダ毛の悩みから完全に解放されることはできるでしょうか?
二度とツンツンしてこない、スベスベのお肌をゲットする方法はあるのでしょうか?

結論から言えば、ムダ毛から完全にサヨナラすることは可能です。

ムダ毛を含む体毛には毛周期と呼ばれるサイクルがあります。
目に見えているムダ毛だけがムダ毛ではありません。
皮膚の下には、出番を待っている状態(休止期)のムダ毛が待ち構えています。

目に見えるムダ毛を排除しても、いずれ休止期にあるムダ毛が頭を出します。
処理、ツンツン、処理、ツンツン…この繰り返しです。
脱毛処理が一回では終わらないのはこのためです。

完全にさよならするためには、このサイクルを理解し正しい対策をしなければなりません。
最も効果的な方法は、医療用レーザー脱毛です。
休止期の毛根を焼き切ることができるからです。

毛根を焼き切る施術ができるのは、クリニックや皮膚科など専門の医療機関でのレーザー脱毛だけだということを覚えておきましょう。

セルフ脱毛では、目に見えるムダ毛を剃ったり抜いたりするだけなので、ムダ毛からの完全サヨナラはムリです。

エステサロンでの脱毛も、絶対ではありません。
それは、使用するマシーンの出力が医療機関で使用するものほど高出力ではないからです。

ただ、何度も繰り返すうちに薄くなったり、最終的にツンツンしてこなくなることもあります。
脱毛部位のムダ毛の状態や個人差にもよりますが、ある程度満足できる効果をゲットできる人もいます。

大切なことは、一回や二回の施術では、ツンツンを完全になくすことは難しいということです。
毛周期を見極めて何度も施術を行い、正しい対策をすることで完全サヨナラができるのです。
簡単にあきらめたらいけないんですね。

体毛のしくみや役割を知ることは、ムダ毛処理にも役立ちます。
まずはしくみを理解することから始めましょう。

体毛は一定の毛周期で生まれ変わっています。
一定の毛周期とは…
・成長期
・退行期
・休止期
という3つのサイクルです。

体毛は成長期で成長します。
その後退行期に入り、やがて休止期に移り最後には抜け落ちます。
休止期のあとは、また成長期に戻る、このサイクルを繰り返します。

この毛周期は、さまざまな原因により狂うことがあります。
そうなると薄毛やハゲといった症状が出てきます。

たとえ休止期でも、体毛がなくなったわけではありません。
体毛は皮膚の下で出番を待っています。
ですから、ムダ毛を処理しても、時間がたつとまたツンツンしてくるのです。
ムダ毛処理が一回で済まない理由は、毛周期があるからなんです。

ヒトの体を覆っている体毛にも、実は立派な役割があります。
それはもちろん邪魔者扱いのムダ毛でも同じです。

ムダなのに役割なんて…と思わないで、とりあえず知っておいて損はありません。

・外部の刺激からお肌を保護する:
紫外線を吸収しシミやシワを防ぎます。

・知覚機能:
現在においてはこの機能は退化してしまっていますが、外部からの刺激を察知し、脳に伝える働きがありました。

・体内の毒素を排泄する:
排泄といえば汗や尿などの水分のはたらきのような気がしますが、体毛にも体内の異物や毒素を排泄する役割があります。

・体温の維持、調節をする:
適切な体温に調節し、それを維持する役割があります。

これに限らず、例えばわき毛には発汗作用があり、髪の毛は衝撃から頭部を守る役割があります。
鼻毛や耳毛は外部からのほこりや異物の侵入を防ぐ役割をしています。

ムダ無駄と思いがちな体毛も、実は頑張っているんです。
ムダ毛とサヨナラする時に、ちょっと感謝してみましょう。